*

冷製パスタレシピ、カッペリーニのコツ

公開日: : おいしく作るコツ

夏に食べたいイタリアンナンバー1の冷製パスタですが、通常のパスタと違い、湯で時間に工夫が必要です。

カッペリーニは茹で上げたあと氷水で冷やすことを考えて、表示時間より少し長めで茹でます。例えば、表示時間が2分の場合は3分、5分の場合は7分茹でてください。

さらに、せっかく美味しく作ったソースが水っぽくならないよう、水気を切るだけではなく、キッチンペーパーで絞ります。

カッペリーニのコツ

 

ザルで水気を切ったつもりでもビックリするぐらい水がでます。

ソースの和え方ですが、麺を盛ったお皿にかけるのではなく、作ったソースへ一旦麺を入れて和えてからお皿へ盛りつけてください。

ソースをかけるだけでは麺に水分がないため塊になってしまいます。

GA_PC

関連記事

no image

ニンニクの保存方法

ニンニクを大量に購入した場合、そのまま放置しているとすぐに芽が生えてきます。 風味と芽が生えないよ

記事を読む

料理用のワインやオリーブオイルについて

パスタを作ろうとレシピを見るとワイン◯◯ccとの記述。皆さんは料理用のワインをどうしていますか?

記事を読む

ニンニクの炒め方(アーリオ・オーリオの作り方)

イタリア料理の基本中の基本のオリーブオイルにニンニクの香りをつけるアーリオ・オーリオのコツです。

記事を読む

GA_PC

GA_PC

no image
冷製パスタレシピ、カッペリーニのコツ

夏に食べたいイタリアンナンバー1の冷製パスタですが、通常のパスタと違い

IMG_0289-400x300
桃とキウイとトマトの冷製パスタレシピ

夏はやっぱり冷製パスタ!今日は変わり種、桃とキウイを使用したフルーティ

IMG_0281-400x300
牛肉のロースト レモンソースレシピ

牛肉をさっぱり食べたいとき、夏らしさを満喫したソースは、このレモンソー

IMG_0282-400x300
シンプル美味しいアマトリチャーナレシピ

アマトリチャーナはベーコンの旨味と玉ねぎの甘味、それを引き締める唐辛子

IMG_0251-400x300
トマトとバジルのジェノベーゼ冷製パスタレシピ

食欲のない夏にさっぱりイタリアン。新鮮なバジルが美味しいジェノベーゼパ

→もっと見る

PAGE TOP ↑